極力買わない方が良いアイテム

出産祝いを贈るのでしたら、なるべく喜んでもらえる物を送りたいと思うのは当然の事だと思います。その為、ちょっと予算オーバーしても良いと思えるようなアイテムを購入してしまったりもするのですが、もしかしたら、その贈り物は自己満足かも知れません。そこでこちらでは、送ってもあまり喜ばれないアイテムをご紹介します。

出産祝いで送らない方が良いアイテムのひとつが新生児サイズの子供服です。主に50サイズや60サイズの子供服は、直ぐに大きくなる赤ちゃんが最も着ている事ができる時間が短い子供服になります。特に50サイズの子供服は、大きい赤ちゃんだった場合には、ピチピチになってしまうケースもありますので、あまり喜ばれません。

また、逆に100サイズの子供服なども喜ばれないケースが殆どです。100サイズになると適正な年齢は3歳から4歳になります。3年後などは覚えていない可能性もありますし、その頃にはブームも変わっているケースが殆どですので、贈り物にはむきません。靴下やシューズなどもプレゼントには向きません。新生児は、体温挑戦のために裸足で過ごす時間が殆どですので、いくら可愛いからと言っても、あまり着用している時間が短いので、喜ばれるアイテムとは言えないのです。


渡す時期のマナー

出産祝いはお祝いしたいはもちろんの事、相手の方に迷惑のかからないタイミングで渡すと言う事はとても重要になります。親しい友達でしたら問題ありませんが、会社の同僚の方である場合や、義兄弟の方などの場合には、しっかりとマナーを守らないとその後の人間関係にヒビがはいってしまう可能性もあります。だらしないと思われないためにも贈るタイミングなど出産祝いに必要な最低限のマナーは知っておくようにしてください。

出産祝いを贈るのに適している時期は、生後七日目のお七夜といわれる日から、出産後1ヵ月以内というのが適したタイミングだと言われております。一般的なご家庭の場合には、生後1ヶ月前後で行うお宮参りを目処に、出産祝いのお返しの内祝いを行います。そこまでにお送りしておけば、一度に内祝いを送る事ができますので、1ヵ月を目処に送るのがベストになっております。

もちろん、相手のご家庭の予定もありますので、自宅訪問して渡す場合や、入院中に面会した時に渡すような時などは、しっかりとマナーを考えて迷惑にならないように渡す事が必要になります。もちろん、ママさんの体調などにも注意が必要になります。産後の体調が悪い時などは、長居は避けて、短い時間でお祝いの気持ちを伝えるように心がけてください。


出産祝いに嬉しいアイテムとは

出産祝いをプレゼントするのは、かなりハードルが高いと言えます。相手の趣味や趣向はもちろんの事、相手の年齢や、赤ちゃんの性別などによってもかなり違ってきます。また、赤ちゃんのアイテムを製造している会社にしてみれば、稼ぎやすい内容になりますので、ここぞとばかりに魅力的なアイテムを豊富にそろえるようになっております。その為、必要に駆られていざ出産祝いのアイテムを探そうとすると、とにかく種類が多すぎて迷ってしまうという方も増えて来ております。もちろんおめでたいプレゼントですので、相手の方が喜んでもらえるアイテムを送るのは当然なのですが、この相手の方が喜んでくれるアイテムというのがとても難しいといえるのです。

出産祝いで最も選ばれ、喜ばれているのは、やはりベビー服でした。一昔前と比べて色々なデザインや材質の物があるベビー服は、もらう方だけでなく、選んでいる側でさえも笑顔にさせてしまう力があります。選ぶ楽しみのあるベビー服は、色々な種類が出ておりますので、必ず気に入ってもらうことができるアイテムを見つける事ができると思います。特に出産直後ではなく、生後半年から1歳半くらいまでの長い期間着る事ができる80サイズなどは人気がありますので、積極的に選ぶようにしてください。

また、出産祝いには、単に送るだけでなく、渡す時のマナーや、あまり喜ばれないアイテムなどもありますので、こちらでご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

(参照サイト)ベビー服・新生児服通販|チャックルベビー