渡す時期のマナー

出産祝いはお祝いしたいはもちろんの事、相手の方に迷惑のかからないタイミングで渡すと言う事はとても重要になります。親しい友達でしたら問題ありませんが、会社の同僚の方である場合や、義兄弟の方などの場合には、しっかりとマナーを守らないとその後の人間関係にヒビがはいってしまう可能性もあります。だらしないと思われないためにも贈るタイミングなど出産祝いに必要な最低限のマナーは知っておくようにしてください。

出産祝いを贈るのに適している時期は、生後七日目のお七夜といわれる日から、出産後1ヵ月以内というのが適したタイミングだと言われております。一般的なご家庭の場合には、生後1ヶ月前後で行うお宮参りを目処に、出産祝いのお返しの内祝いを行います。そこまでにお送りしておけば、一度に内祝いを送る事ができますので、1ヵ月を目処に送るのがベストになっております。

もちろん、相手のご家庭の予定もありますので、自宅訪問して渡す場合や、入院中に面会した時に渡すような時などは、しっかりとマナーを考えて迷惑にならないように渡す事が必要になります。もちろん、ママさんの体調などにも注意が必要になります。産後の体調が悪い時などは、長居は避けて、短い時間でお祝いの気持ちを伝えるように心がけてください。